CFTCがゲインのGTX、FlexTradeとTeraExchangeの登録を承認

by Forex Magnates at 30 May, 2016 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者
写真:ブルームバーグ

写真:ブルームバーグ

米国商品先物取引委員会(CFTC)で保留中されていた三つのスワップ実行施設(SEF)の登録申請が、今日承認された。

CFTCの声明によると、新しく登録されたSEFは、デラウェアで創設されてニュージャージー州に拠点を置くゲインキャピタル間接子会社のGTX SEF LLC、同じくデラウェアで創設されてニュージャージー州に拠点を置くTeraExchange LLC、ニューヨーク州で創設され同州に拠点を置くFlexTradeシステムズの子会社であるFTSEF LLCを含む。

オンライン取引、フィンテックとマーケティングの新世界 – 6月29日のフォレックス・マグネイト・テルアビブ会議に今すぐ登録

CFTCのアップデートで引用されたように、SEFへの登録は、金融危機後にスワップ市場での取引前後の工程をより透明にするための努力をもってウォール街を覆ったドッド・フランク関連規制によって必要となった。

新しく登録された三つのSEFは、それぞれ以前に保留中または仮登録されており、登録が完了したSEFの総数は21となった。

CFTCのウェブサイト上で維持されるSEFデータによると、今月13日にはLedgerX LLCが撤回された。これはEBS Global Facility Ltdの登録申請が16日に受信されたわずか3日前だった。今年の1月にはICAP Global Derivatives LimitedがSEFとして承認された。

フォレックス・マグネイトが報告した後一つのSEFであるSeed SEF LLCは、大麻取引やその他の潜在的な新生市場に関連するデリバティブを検討しており、仮登録を受けていながら、まだ、保留中の唯一のSEFだ。クリア・マーケッツ・ノースアメリカは仮登録されている。





コメントはまだありません.