TradingViewがTradable APIを介して複数のブローカーとの接続を目指す

写真:フォレックス・マグネイト

写真:フォレックス・マグネイト

TradingViewを介した直接外国為替およびCFD取引は、同社のウェブサイトでクローズドベータプログラムが正式に発表された今、現実に近づいた。この努力は、最終的には、トレーダーがTradingViewを使用しながら自由に好みのブローカーのパートナーを選択する能力を持つために多数の証券会社へのアクセスを提供することを目的とする。

同社は、FXCMとのコネクティビティのベータテスターを探している。証券会社への接続には、デンマークの取引ソフトウェア開発会社TradableのAPIが使用されている。

TradingViewは、チャートからの取引という、そのホワイトラベルに導入される可能性が非常に高い機能の有効化を目指している。チャートソリューションの制限によってこのソフトウェアには取引のサポートが不足しているため、そのユーザーベースに完全にひきつけることができていない。

FXCMライブ&デモを経由したTradingViewベータテスト

ベータテスト・フェーズでは、チャートソフトウェアはFXCMを介して外国為替およびCFD(差金決済取引)の取引を可能にする。最終的には、取引は多数の証券会社と複数の資産クラス全体で有効になる。

TradingViewは現在、取引対応ソリューションへのアクセスを得て詳細なフィードバックを提供しながらFXCMを通じて取引をする少数のベータテスターを探している。

ベータテストに参加したいトレーダーは、取引経験の初期版にアクセスするためにTradingViewで@adminにメッセージを送る必要がある。ベータ版のこのフェーズではFXCMのデモおよびライブ口座の両方がサポートされる。

According to the announcement, Tradable is providing a layer between TradingView and select brokers. The software is connected to Tradable only once, with the rest of the work on multiple connections being done by the Danish software company.

発表によると、TradableはTradingViewと選択されたブローカーとの間の層を提供している。TradingViewソフトウェアは、Tradableに一度だけ接続され、複数の接続での残りの作業は、このデンマークのソフトウェア会社によって行われる。





コメントはまだありません.