ブロックチェーンがビットコインLN「サンダー」をリリース

by Forex Magnates at 18 May, 2016 カテゴリ: 仮想通貨 | 国内 | 海外
写真:フォレックス・マグネイト

写真:フォレックス・マグネイト

Blockchain.infoの背後にあるブロックチェーン株式会社のチームは、ライトニングネットワークのオフチェーンのビットコイン支払い概念を示す初の実用的な実装をリリースした。サンダーと呼ばれるそのアルファ版は、多くのユーザーの導入の妨げとなっているビットコインのスケーリング問題を回避する。

オンライン取引、フィンテックとマーケティングの新しい世界 – 6月29日のフォレックス・マグネイト・テルアビブ会議に今すぐ登録

このライトニングの試作は、後に主要ビットコインブロックチェーンで取引を決済する「スーパーチャージ」された安くて速い支払いネットワークを構築するために、スマートコントラクトを使用している。サンダーの背後にある技術の基礎はブロックチェーンがこの目的のために昨年雇ったMats Jerratsch氏によって開発された。

ブロックチェーンは「サンダーは安全かつ信用ヒエラルキーなしのインスタントな支払いを容易にする可能性を秘めています。マイクロトランザクションの力が発揮され、ビットコインネットワーク高負荷の処理は可能になり、ユーザのプライバシーは増加します。我々は、このアルファ版でこれらが可能であることを証明しています」と書いている。同社はまた、わずか数千ノードで「VISAよりも良い」100,000取引/秒(TPS)がテスト段階で達成できたと報告している。

リリースがアルファ版であることが示唆する通りこの解決策はまだ開発の初期段階にあり、ブロックチェーンはCSVとSegWitの両方がビットコインブロックチェーン上に実装されるまで、トランザクションのビットコインプロトコルレベルでの強制力はないと警告している。したがって、現在のサンダーのプロトタイプは、信頼されたユーザーネットワーク内での取引、また様々な他のインタフェースとのアプリケーションのテストのみに適している。





コメントはまだありません.