アルパリ、MetaTrade5プラットフォームでのヘッジオプションの有効化を発表

写真:アルパリ

写真:アルパリ

アルパリは、今日、メタトレーダー5プラットフォームでのヘッジオプションを有効にしたことを発表した。新しいオプションは、メタトレーダー5の既存の機能に追加され、トレーダーのロックされたポジションでの戦略を使用する好みを考慮に入れる。

オンライン取引、フィンテックとマーケティングの新世界 – 6月29日のフォレックス・マグネイト・テルアビブ会議に今すぐ登録

アルパリは、メタトレーダー5プラットフォームは、すでにその取引コミュニティでの人気が証明されたMT4プラットフォームに加え、多くのトレーダー、投資家や経営者のための最適なプラットフォームであると述べている。

新世代MT5プラットフォームは、クライアントの取引プロセスの簡素化によってさらに一歩進んでいる。これは、クライアント操作の処理に使われるより進化的なアルゴリズムと取引のスピードと使いやすさの面で従来のバージョンとは異なる。

反対方向に同時に注文を出してそれらを別々に管理するアカウントトレーダーの必要性を考慮して、アルパリはMT5を更新し、ヘッジを新しく追加した。

アルパリCEOのボリス・シーロフ氏は「MT5の取引プラットフォームは、マニュアル及びアルゴリズム取引、分析、ソーシャル取引、さまざまなモバイルプラットフォームのサポートなどの遠大な機会を組み合わせる、最も近代的なトレーダーツールです。アルパリのIT専門家は、 トレーダーの願望に応えて非常に短期間でMT5へのこの重要な追加を実現しました」とコメントした。

ecn.mt5のライブアカウントは今後原則としてヘッジオプションを指定して開かれる。将来的にはMT5のネッティングとヘッジバージョン間の切り替えを「myAlpari」設定オプションを使って自動で行うことが計画されている。

アルパリは4月の終わりにecn.mt5デモアカウントでヘッジオプションを検証し、クライアントや市場専門家からの高レベルの肯定的なフィードバックに迎えられた。この機能の追加によって、アルパリのクライアントは、インターネット取引の世界市場では初に、ライブ口座でMT5ヘッジバージョンからの利益を得ることとなる。





コメントはまだありません.