Advanced Markets香港MT4サーバー立ち上げ、北京データ往復は37ミリ秒

低遅延は、アジア全域での新規顧客の獲得の鍵だ(写真:ブルームバーグ)

低遅延は、アジア全域での新規顧客の獲得の鍵だ(写真:ブルームバーグ)

Advanced Markets は極東での事業促進のために香港エクイニクでに新しいMT4サーバーを立ち上げた。Advanced Markets の専用ラックはHK3だ。この動きは、当社のアジア地域へのコミットメントをさらに強化し、地域のクライアントに高速実行速度を提供する。

北京に送られたデータの平均往復時間(RTT)は、インターネットサービスプロバイダによって37ms(ミリ秒)~になる。RTTは中国国内の地域によって異なり、上海は42ms~、広州、シンガポールはそれぞれ23ms~と37ms~となる。あと一つの大規模な地域FXセンターである東京へは約55msだ。

Advanced Markets に選ばれたエクイニクスは地域の金融業界で最も使用されるデータセンターの一つで、この動きは、アジアの主要都市の数々との確実な接続と高速化を実現する。

このアップグレードは、アジア市場との関わりが増しているAdvanced Marketsのブローカー・クライアントにも影響する。FX流動性に最も顕著なのはニューヨークとロンドンであるため、Advanced Markets のクライアントの取引では、注文はニューヨークにルーティングされて専用のプライベートインターネットチャネルを介して実行される。

Advanced Markets は、すでにニューヨークのエクイニクスで一流の、数々の金融業界の大手企業に使用されているセコーカスNY4データセンター施設を使用している。

 





コメントはまだありません.