「TATERU(タテル)」のインベスターズクラウドがSBIのFinTechファンドに1億円出資

by Forex Magnates at 12 May, 2016 カテゴリ: 国内総合
写真:ブルームバーグ

写真:ブルームバーグ

スマホアプリで不動産経営ができるサービス「TATERU(タテル)」の開発・運営会社、株式会社インベスターズクラウド(東京都港区)が5月10日、SBIインベストメント株式会社(東京都港区)の「FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合(FinTechファンド)」に1億円出資することを発表した。SBIインベストメントは、インターネットに特化した金融サービスを展開するSBIホールディングスの子会社。

 

親会社であるSBIホールディングスは今年1月末、Ripple Labs Inc.やbitFlyer等、仮想通貨・ブロックチェーン事業を手掛ける国内外のフィンテック企業4社への出資を発表している。その内2社には、上記の「FinTechファンド」経由で出資する。また、3月にはグローバルの金融機関42社で構成されるR3ブロックチェーン・コンソーシアムへの参加も発表している。

 

インベスターズクラウドは、“IT×金融×不動産”の不動産投資型クラウドファンディング「TATERU FUNDING」や、クラウド会計サービス「TATERU確定申告」などのサービスを提供し、FinTech事業を展開してきた。プレスリリースによると、同社は「今後サービス開発などを進めていく上で、FinTechに関連する最新の動向・技術・サービスの情報収集を継続的に行い、戦略的に対応していくことが不可欠」と考え、今回の出資に踏み切ったという。

 

FinTechファンドの投資対象は、「FinTech領域においてイノベーション創出が期待できる独自性の高い技術・サービスを保有し、今後将来性が見込まれる日本国内外の未公開企業の株式、新株予約権、新株予約権付社債等」。出資総額は300億円を予定しており、運用期間は平成27年12月1日〜平成37年6月30日とされている。

 

 





コメントはまだありません.