XTradeがTrading Brandsを合併、親会社がXForexをフェーズアウト

by Forex Magnates at 11 May, 2016 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者
ポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドが、ミュンヘンでの2006年FIFAワールドカップでフランスに1-0で敗北した準決勝戦でフリーキックをする(写真アダム・ベリー/ブルームバーグ・ニュース)

ポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドが、ミュンヘンでの2006年FIFAワールドカップでフランスに1-0で敗北した準決勝戦でフリーキックをする(写真アダム・ベリー/ブルームバーグ・ニュース)

XTradeとXForexの親会社のXFR Financial Ltdは、サービス統合と古いブランドのフェーズアウトを決定した。この動きは、クリスティアーノ・ロナウドとXTradeによって結ばれたスポンサー契約の余波で自然な成り行きだ。同社は、単一のサッカー選手を通じて製品を宣伝する最初の証券会社となった。

Xtradeの親会社がXForexブランドを段階的に廃止する一方、この契約には多額の投資が必要であったと思われる。後者は、「XFR Financial Ltd」に名前が変更されたキプロスの元OCM Holdings LTDによって運営されていた。

オンライン取引、フィンテックとマーケティングの新世界 – 6月29日のフォレックス・マグネイト・テルアビブ会議に今すぐ登録

両方の証券会社のCySEC規制オペレータは、OCM Holdingsが設立された2008年以来運営されている。両証券会社の現在のオペレータは、キプロスでの広告の採用によって事業を後押しすることを目指している。

同社は、多数のアカウントマネージャー、顧客サポートおよび販売員の採用によって、欧州事業拡大を目指している。競争の激しい市場では、クライアントの獲得と保持のためにより積極的なアプローチに頼っているようだ。

Xtradeは、欧州連合全体での営業を可能にするCySECライセンスに加えて、ベリーズの国際金融サービス委員会からAFSLライセンスと許可を保持している。





コメントはまだありません.