bitFlyer、ブロックチェーン取り組みに¥30億を確保

by Forex Magnates at 29 April, 2016 カテゴリ: 仮想通貨
写真:ブルームバーグ

写真:ブルームバーグ

日本ベースのビットコイン交換所、bitFlyerは、第三者割当増資を通じて火曜日にさらに¥30億を調達した。これは、これまでの国内フィンテックスタートアップによる資金調達の最大だ。  同社、は調達した資金は、その仮想通貨のブロックチェーンサービスの加速を可能にするとしている。

オンライン取引、フィンテックとマーケティングの新世界 – 6月29日のフォレックス・マグネイト・テルアビブ会議に今すぐ登録

昨年調達された$650万に加えたこの最新の(ほぼ$2800万)の資本の注入によって、bitFlyerは現在世界で二番目に大きいビットコイン交換と評価される。その今年4月中の取引量は¥130億、ユーザーベース15万以上と報告される。

日本政府がその技術の規制と促進の方法を探す中、bitFlyerは水曜日、国のブロックチェーン業界のための政策提言の作成を支援するために、日本ブロックチェーン協会に参加した。

今日またbitFlyerは、FX会社マネースクウェア・ジャパンと提携して新サービスを発表した。この新しいサービスを介して、外国為替証拠金取引サービス「M2Jポイント」のポイントはビットコインに交換することができる。

この日本の交換所は、一度は世界最大の取引所であった日本ベースのMt.Gox崩壊の数ヶ月後に離職した元ゴールドマン・サックス・デリバティブ・トレーダーの加納裕三氏によって設立された。

 





コメントはまだありません.