野村、$1.73億の第4四半期純損失を報告

by Forex Magnates at 28 April, 2016 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者
写真:ブルームバーグ

写真:ブルームバーグ

日本最大の証券会社、野村ホールディングスは、そのホールセール部門の赤字経営、リテール部門の弱体化、海外事業での6年立て続けの損失にともなって、2011年以来初めて、四半期純損失が生じたと発表した。

オンライン取引、フィンテックとマーケティングの新世界 – 6月29日のフォレックス・マグネイト・テルアビブ会議に今すぐ登録

海外事業の一部の削減と人員削減への警告のわずか2週間後、ロイターが提供するデータは、野村が前年同期の820億円の純利益と比べて、192億円($ 1.73億)の第4四半期純損失を計上したことを明らかにした。損失には​​、160億円の解雇手当費用が含まれている。

今月発表された削減は、当社の最新のグローバルプレーヤーになる試みが問題に直面したことを公正に示す。 6年間で$ 35億の海外損失を蓄積した後、野村は、ヨーロッパとアメリカの証券ユニットとその数百人の解雇を決した。

この貧弱な1月~3月期によって、野村の当期純利益は、9年間の最高であった以前の2248億円からの41%減となる1316億円に落ちた。

野村によると、そのホールセール部門の一部であるグローバルマーケットビジネスは、今年初めの日銀によるマイナス金利の導入に続くスプレッドの拡大と市場の混乱の影響を受けた。ホールセール部門が1月から3月までに228億円を失った一方で海外事業は796億円の年間損失を計上した。

野村のリテール部門の年間税引前利益は、前年に比べ21%減少した。市場のボラティリティが投資家の低迷をもたらしたとして、1月~3月のみの小売業利益は70%前年比減の122億円となった。

同社は200億円まで株式を買い戻すために個別の計画を発表した。





コメントはまだありません.