トラディション社の外為ドットコム、成長続け利益$900万

by Forex Magnates at 25 April, 2016 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者
写真:日本円の為替レートのボラティリティは上昇したままだ

写真:日本円の為替レートのボラティリティは上昇したままだ

コンパニー・フィナンシエール・トラディション社は、2016年第1四半期の決算を報告し、同社の日本の小売外国為替業務がアウトパフォームし続けてきたと明らかにした。フォレックス・マグネイトは、同社が第1四半期を通じてその日本法人外為ドットコムから900万の収益を得たと推定している。

昨年の第1四半期と比較した場合、日本法人外為ドットコムからの収益は、現在の為替レートで57.4%、恒常為替レートで45.8%増加した。

オンライン取引、フィンテックとマーケティングの新世界 – 6月29日のフォレックス・マグネイト・テルアビブ会議に今すぐ登録

事業は日本円のボラティリティだけでなく、米ドルの広範な下落やコモディティーの上昇の変動により昇圧された。日本のトレーダーは、伝統的に国内通貨と指数を取引する傾向があり、日経の大幅な移動はまた、四半期のすばらしさに貢献している。

コンパニー・フィナンシエール・トラディションのディーラー間仲介事業(inter-dealer broking、IDB)からの調整後収益は、昨年と比較した場合、現在の為替レートで4.1%、恒常為替レートで5.6%減少した。

コンパニー・フィナンシエール・トラディションは、先月、8.145億スイスフランの2015年の売上高を報告した。2014年の8.375億スイスフランと比較した場合、これは現在の為替レートで2.7%減少した。同社のディーラー間仲介事業は、ボラティリティがグローバルに中央銀行によって抑制された債券市場の最近の保合によって振るわなかった。





コメントはまだありません.