香港証券取引所、4人民元先物契約に着手

by Forex Magnates at 20 April, 2016 カテゴリ: 中国ウォッチ
写真:ブルームバーグ

写真:ブルームバーグ

中国の通貨の取引需要の増加に伴って、香港取引所(HKEX)は本日、追加的な人民元(RMB)通貨先物がすでに計画されており、規制当局の承認を受けしだい第2四半期に導入されると発表した。

同社はプレスリリースで、計画された契約の一部には、ユーロ/人民元、日本円/人民元、豪ドル/人民元だけでなく、米ドル/人民元の現金決済先物取引が含まれていることを説明し、この追加は、人民元のトレーダーに中国のオフショア人民元通貨(CNH)で自らのリスクをヘッジするためのツールだと説明した。

このニュースは、最近の高い取引高のニュースに続くものだ。既存の先物は今年2月5日には記録最高の32009契約の未決済建玉を持っており、四半期中の毎日の平均取引高は3128契約で前年の3倍以上に達した。

オンライン取引、フィンテックとマーケティングの新世界 – 6月29日のフォレックス・マグネイト・テルアビブ会議に今すぐ登録

香港証券取引所市場開発部の共同代表、リー・ギャング氏はプレスリリースでコメントした。「我々は人民元の通貨先物容積の急増に満足しています。我々の新しい先物によって、市場でのトレーディングおよびリスク管理のためのツールがより多く提供されることになります。」

香港証券取引所は、米ドル建てのRMB/USD現金決済先物商品は、既存する物理的に配信されるUSD/RMB先物を補完するとし、新しく提案された契約のリストを、その仕様とWMロイターの日中スポットレートとEUR/CNH、JPY/CNH、AUD/CNH、およびCNH/USDの関連先物契約のTMA CNH 固定レート(TMA CNH fixing)に基づいた価格とともに提供した。

EUR/CNH契約は50,000EUR、JPY/CNHは600万円、AUD/CNHは80,000AUDの契約サイズを持つことになる。CNH/USD契約は30万RMBだった。

香港証券取引所市場開発部の共同代表、Romnesh Lamba氏は、公式プレスリリースで「現金決済人民元の通貨先物は、資産クラス全体で当社の製品ポートフォリオを拡大する我々の計画の一部です」とコメントした。

「これらの新製品は、人民元が世界中で広く使用されるのに伴って我々の価値命題を拡張し深めるのに役立ちます。」下記のプレスリリースからの抜粋は、香港証券取引所で2016年の第1四半期に急増した関連する取引高のチャートを示しすものだ。

提供:HKEX

提供:HKEX

 

 

 

 





コメントはまだありません.