裁判所、初めてイスラエルブローカーのアルゴ取引を承認

Israel-technology

写真:フォレックス・マグネイト

イスラエル証券当局(ISA)は、国の小売アルゴ取引抑制の壁に突き当たった。 テルアビブ地方裁判所は、USG Capitalの事例でISAに不利な判決を下した。 当判決は、アルゴ取引サポートプラットフォームの提供をポートフォリオ管理とはみなさず、ブローカーによる提供が可能にされる。

ISAは、以前、コンピュータ化したポートフォリオ管理サービスには、多くの場合、ポートフォリオ管理のライセンスが必要で、ライセンスなしでの提供は違法だと述べた。この際、取引アリーナライセンス(イスラエルでのオンラインブローカーライセンス)はこの活動のための適切なライセンスではないということが具体的に強調された。

この判決は、アルゴ取引がポートフォリオ管理であるという概念を拒否し、小売ブローカーはこれが将来の例のための強力な先例になるよう願っている。裁判所は、USG Capitalに2つの制約を課し、これはISAによって成果として見ることができる。判決は、積極的はアルゴ取引の促進は許可されないが、クライアントがサポートを依頼した場合には、ブローカーが可能性に関する情報を差し控えることは期待されていないとする。さらに、USG Capitalはアルゴ取引プラットフォームの技術的なサポートのみを提供することができるとしている。

 

druker-150x150

Druker氏

イスラエル取引アリーナ協会(ITAA)会長Tzah・Druker氏はフォレックス・マグネイトとのインタビューで「これは、アルゴ取引に関するすべてのさまざまな側面を考慮し、ISAの監督の必要性を認める一方で、イスラエルの取引アリーナでのクライアントのアルゴ取引へのアクセスとの適切なバランスを見つけた、裁判所による慎重な決定である。我々は、この決定が、そ取引アリーナでの他の側面を規制する際にISAの指針となることを願い、信じている」と語った。

2015年12月には、テルアビブ地方裁判所で7000万NIS(役$1800万)に及ぶ無免許投資活動に対して、USG Capitalへの集団訴訟が提起された。この集団訴訟は、USG Capitalに加えて、International USG Capital Ltd.、USG所有者Atlantic Brokers、およびこれらのすべての主要株主であるTomer Sinaiを対象としている。





コメントはまだありません.