世界の株式公開及び投資

by Forex Magnates at 18 April, 2016 カテゴリ: その他 | 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合 | 海外業者 | 海外総合

Best-of-the-week3

写真:フォレックス・マグネイト

昨週のオンライン取引業界では、シンガポールでのIPO、ポーランドの今後のIPOについての新しい詳細、ビットコイン業界に加わった日本の証券会社などの最も興味深いニュースが世界中から含まれている。

フィデりティ証券
月曜日には、サクソ銀行がそのホワイトラベルパートナーのリストにフィデリティ・アジア銀行(Fab)を新しく追加したと発表した。ガーナベースのフィデリティ銀行のオフショア子会社は、外国為替業界の長期的な業界のベテラン、K. Duker氏に導かれている。

Fabは、新たなパートナーシップをもって会社の製品提供を後押しすることを目指してアフリカとアジアで実績を重ねている。Duker氏は、2013年12月に現在の最高経営責任者であるエド・エゲル氏が就任するまでOANDAの最高経営責任者(CEO)であった。

マネーパートナーズグループ、ビットコイン着手
火曜日には、日本ベースの証券会社マネーパートナーズグループが、米国ベースの仮想通貨交換オペレータクラーケンの資金調達の最新シリーズBラウンドをリードしてきたことが明らかとなったが、契約の条件は明らかにされなかった。

27万以上のクライアントにサービスを提供する日本最大級のFXブローカーの一つとして、マネーパートナーズグループは、クライアントベースにビットコイントレーディング、ビットコイン決済サービス、およびblockchain系デリバティブ取引サービスを提供してクラーケンとの業務提携を促進する。

$ 1.55億評価額
水曜日には、ソーシャルトレーディングプロバイダー兼証券会社であるayondoがシンガポール取引所(SGX)に上場する初めてのフィンテック企業になることを目指しているとの速報があった。

この動きは、ayondo株主がグループの75パーセントを所有している合計値2.1億シンガポールドルの逆買収トランザクションを必要とする。これは同社の評価額を$ 1.55億(2.1億シンガポールドル)とし、重要な新規の資本注入を含む。この資本注入の額は開示されていない。

$ 4億評価額
木曜日には、ポーランドの国際的なグループであるXTBキャピタルが、5月6日ごろにワルシャワ証券取引所に上場されると発表した。当社は現在欧州全域で活動しておりラテンアメリカ市場への進出を目指している。XTBキャピタルグループは、最大$ 4億(一株当たり$ 3.41)の評価額を持ち、その(16433709株)14%は浮動株である。この数は、今月初めにロイターに報告されたいくつかのブックメーカーの見積もりよりも約50%低い。

前方の危険
金曜日には、RoboForexとHotForexを含むいくつかのブローカーが、今後のOPEC総会やその成果を取り巻く潜在的な不確実性を原因として石油へのCFD取引の取引パラメータの変更を発表したと報告した。ブローカーは帳簿を最適化し、市場はが4月18日(月)の市場取引開始時に期待されている不確実性に対処するための措置を取っており、これはクライアントに引き続いて安全な取引環境を提供するためだと主張している。

 





コメントはまだありません.