国内バイナリーオプション取引、停滞を続ける

by Forex Magnates at 15 April, 2016 カテゴリ: バイナリー・オプション | 国内総合

Red-japan-880x400-1

写真:ブルームバーグ

金融先物取引業協会(FFAJ)によって監督されているバイナリオプション規制市場での取引量は保合を続けている。FFAJはブローカーのエンドクライアントへの保護を多く提供してきたが、その厳しい規制は、国内のバイナリオプションの人気にも影響を与えている。

国内バイナリーオプション業界の元年には証券会社の多くが膨大な取引量の恩恵を受けたが、規制環境がその成長を抑圧している。3月には規制証券全体の取引量は22%落ち、アクティブな口座数は2014年6月以来の最低となった。

Active-Accounts-14.4.16.jpg

国内8の規制バイナリーオプション取扱社のアクティブ口座数の合計(出典:FFAJ)

月次データによると、月中に約1950の新規口座が開設され合計で12786の口座がアクティブである。取引量は$3.7億、そのうちブローカーの顧客への支払いは$1.7億だった。

チャートには、国内バイナリーオプションの仲介事業の保合を確認裏付けるトレンドが見られる。新規口座数が安定している一方、アクティブな取引口座の数は、2014年に見られたピークにおよぶものではない。

Binary-Options-Stats-Japan-Trading-Volume

円の月間取引量(出典:FFAJ)

月ごとの取引高は、記録上2015年12月以来2番目に低く、クライアントの収益率は実際に両方の機会に増加している。

日本のリテール・トレーダーは、頻繁に「渡辺夫人(Mrs Watanabe)」のニックネームで呼ばれるように、悪名高く洗練されている。研究後、その多くが普通の主婦ではないことがわかった。





コメントはまだありません.