フォーサイドのSNSアプリ「Catchboard」と時間を貯める使うアプリ「time wallet」が連携

by Forex Magnates at 14 April, 2016 カテゴリ: 国内総合

handshake

4月12日、スマートフォン向け次世代 SNS アプリ「Catchboard」を運営するフォーサイドエンタテイメント株式会社(東京都中央区)の親会社である株式会社フォーサイド(東京都中央区)と株式会社H2H(東京都中央区)は、「Catchboard」上の仮想通貨管理機能である「Catchboardウォレット(仮称)」とH2Hのポイントサービスアプリ「time wallet」を連携することを発表した。「time wallet」は、Beaconという“光や電波などを一定の間隔で発する機器”を活用した、時間をコンセプトとする新しいタイプのポイントサービス。

 

プレスリリースによると、具体的なサービス内容は「店舗や施設での滞在時間によってポイントである「min」が貯まり、その貯めた「min」を異なる時間やサービスに使える」というもので、Beaconで測定した滞在時間に比例して貯まったポイントを“タイムクーポン”に交換し、様々なお店で使用できる。

 

フォーサイドは、先月にもプライベート・ブロックチェーン構築プラットフォームのテックビューロ株式会社との事業提携を発表している。この事業提携では、「Catchboard」のポイント課金システムの機能強化を目的として、ブロックチェーン技術の実証実験を実施する。

 

プレスリリースによると、この技術をポイントサービスに活用することによって「ポイント残高の整合性を保つことができ、二重付与の問題を排除できるほか、ユーザーや運営者自体による不正行為を防止」を目指すという。





コメントはまだありません.