MFSA、未規制バイナリ-活動に対して警告

by Forex Magnates at 11 April, 2016 カテゴリ: 海外その他

Malta-1

写真:ブルームバーグ
マルタ金融サービス庁(MFSA)は、国内外の投資サービス提供に適切なライセンスや許可を持っていないバイナリー・オプション・ブローカー「ストック・バイナリ」の詐欺的事業活動に対する警告を発した。

MFSAによって発行された公式声明によると、この証券会社のウェブサイト(stock-binary.com)の連絡先情報のセクションは、地元のウォッチドッグによって登録された別会社の詳細なデータを使用して潜在的な顧客を迷わす。

ウェブサイトのメインページには、2015年に4月22日ライセンスを取得した別会社「バイナリ・インベストメンツ」の住所が記載されている。そこに含まれる情報によると、「ストック・バイナリ」の本社はMsida (マルタ)のスイートタワー通りのMompalao棟内に所在する。「ストック・バイナリ」と「バイナリ・インベストメンツ」は全く無関係である。

同規制機関は、前述のバイナリオプション企業との取引に対して警告し、また、マルタと欧州連合(EU)での金融サービス提供に必要な権限の不足によるリスク増加についての注意を促している。

フォレックス・マグネイトは、三月に、MFSAが、申し立てられた違反に関連して以前はキャピタル・マーケッツ株式会社として知られていたFX-CAMのライセンスを取り消したことについて報告した。情報源によると、同社では、6ヶ月以上にわたって、クライアントも資産も残されていない。





コメントはまだありません.