CFTC、スプーフィング先物トレーダーに269万ドルの支払いを審決

by Forex Magnates at 7 April, 2016 カテゴリ: 海外総合

court

写真: Rosemary Barnes

米商品先物取引委員会(CFTC)は、ニューヨーク裁判所が、アラブ首長国連邦(UAE)住民のヒートカーラとナシムサリムに対してスプーフィング従事を禁止する恒久的な差止命令を課す同意審決を出したと発表した。

これらのCOMEX先物トレーダーは、2015年2月と2015年4月の期間中に破壊的な活動に従事し2015年5月に告訴された。両当事者は、個別また協調的に、定期的にCOMEXで金と銀の契約の大量注文と反対方向の小量注文を出し、小量注文が実行された後に大量注文をキャンセルした。

両当事者は、実行前にキャンセルする目的で大量注文を出した。その後、CMEグループの市場規制省は両当事者のすべてのCMEグループの市場への直接的および間接的なアクセスを拒否した。

審決は、金と銀の先物市場でのスプーフィングCFTC料金を決済するために、両当事者それぞれに民事罰金の138万ドルと131万ドルの支払いを命じた。審決は、また、両当事者に恒久的な取引や登録禁止を課す。

CFTC警備長アイタンゴールマンは次のようにコメントした。「CFTCは、違法スプーフィング実務に従事した者の居住地にかかわらず米国の先物市場を保護する。スプーフィングは、我々の市場に対する国民の信頼を損なうもので、CFTCは積極的に不義を追求していくだろう。」





コメントはまだありません.