FXCMのMark Bucaj、 ICAPのEBS Brokertecプロダクトディレクターに就任

by Forex Magnates at 6 April, 2016 カテゴリ: その他 | 海外その他

NYC_skyline2880x400-1

ICAPのEBS部門の最新の主要なメンバーはEBS BrokerTec米国オフィスでの勤務が決まったFXCMのMarc Bucajだ。人事に詳しい人々によると、このスイッチは先週の頭にすでに始まった。Bucajは、金融のほぼ25年のキャリアで得た関連専門知識の豊富な背景をもたらし、同社のBrokerTec部門内の製品ディレクターとして就任する。

フォレックスマグネイトによると、Bucaj氏は、同社のCTOおよび製品のグローバルヘッドであるViral Tolat氏に報告し、ニューヨークで、新しい役割の一環として、EBS Brokertec取引プラットフォームで実行と一致するワークフローを監督する。

製品開発エキスパート

LinkedIn公開プロフィールに含まれた情報によると、Bucaj氏は、この新しい役割を担うためにFXCMを離れた。またLinkedInによると、Bucaj氏はFXCMプロ部門での生産管理のディレクターとしての7年間の任期中に数多くの合弁事業とプラットフォームに貢献した。

MarkBucaj-300x300

FXCMとの役割に先立ち、Bucaj氏は2007年3月から2008年10月までFXMarketSpaceの製品管理担当副社長としての役割を保持した後、約3年間独立したファイナンシャルアドバイザーであった。Bucaj氏は以前に2年間カリネックス製品管理のディレクターとして勤務した。

FX業界でのキャリアに遷移する前には、Bucaj氏は13年間TDウォーターハウスでVPとして勤務し、10年間以上にわたって上場オプション取引の製品マネージャーを含む役割を果たした。

 





コメントはまだありません.