NECがフィンテック専門部署を新設へ

by Forex Magnates at 30 March, 2016 カテゴリ: 国内総合

skyscrapers

3月29日、NEC(日本電気株式会社)がフィンテック専門部署を4月1日付で新設することを発表した。名称は、「FinTech事業開発室」で、既存の「ビジネスイノベーション統括ユニット」内に設立される予定。同社の最先端のICT(情報通信技術)を応用した次世代型の金融サービスを創出する狙いだ。

 

プレスリリースによると、同部署は「研究者および営業・マーケティング・ソリューションコーディネータなどのスキルを有する要員約20名の体制」で、北米・シンガポール・インド・欧州などにある同社の拠点と共同でグローバルへの事業拡大を進めていくという。

 

具体的には、オープンイノベーションや、金融など他業種や政府機関との提携を通じて新しい金融サービスの開発を目指す。NECはこれまで、AI(人工知能)、セキュリティ、生体認証、金融・流通業の基幹系システムなどの最先端技術を培ってきた実績がある。

 

また、昨年4月に設立された「デザインセンター」や先端技術の研究所などとも提携しながら、「社会課題視点・顧客視点のサービス創造を強化」していくという。

 

NECは、2月初旬に米The Linux Foundationがブロックチェーンの標準化を目的として設立した「Hyperledger Project」への参画を表明。富士通、日立製作所、NTTデータも同じく参画を発表していた。





コメントはまだありません.