大手ビットコイン会社がRootStockに100万ドル投資

by Forex Magnates at 28 March, 2016 カテゴリ: 仮想通貨 | 海外

RSK-2mockup-Blur-BW

Photo: Avi Mizrahi

このところ急激な上昇を見せているイーサリアム。ビットコインの支持者らは、イーサリアムの勢いをもはや否定できなくなった。賢明なマネーは「もしイーサリアムを倒すことができないのなら、参加してしまおう」と決意したようだ。

 

ブエノスアイレスに本社を置くRSK Labsは、初のスマートコントラクト・プラットフォームであるコードネームRootstockのさらなる開発のために100万ドルを調達したことを明らかにした。

 

この資金調達ラウンドは、非常に強い影響力を持つ多数のビットコイン会社が世界中から集まってリードしていた。たとえば、中国のビットコイン・ハードウェア・マイニング大手Bitmain社や、ロンドンを拠点とするブロックチェーン・ベンチャー投資ファンドのCoinsilium、現在CoinDeskを所有しているBarry Silbert社のDigital Currency Groupなどである。

 

Silbert社のコメントによると、「DCGの弊社チームでは、Rootstockの開発は、ブロックチェーン技術を基盤とするテクニカル・コミュニティとビジネス・コミュニティの両方にとって重要だと考えております。この開発によって、これまで不可能とされてきた多くの新事例が可能となるでしょう」

 

RSK Labsによると、今回資金調達に成功したことで、同社のプレゼンスを現在の南米からアジア・欧州・米国にまで拡大できるという。Rootstockは、初のオープンソース・スマートコントラクト・プラットフォームであり、ビットコインに対しては2ウェイペグ方式となっている。また、ビットコインマイナーに対してはマージマイニングを通して報酬を支払う仕組みになっており、そのためイーサリアムと完全に互換性のある方法によって“スマートコントラクト革命に積極的に参加することができる”という。

 





コメントはまだありません.