クラウドマネー・プラットフォームUpholdがイーサリアムとライトコインの受付開始

by Forex Magnates at 25 March, 2016 カテゴリ: 金融 テクノロジー

123-free-macbook-mockup-BW

Photo: Avi Mizrahi

クラウドマネー・プラットフォームのUpholdが、最もポピュラーな仮想通貨であるイーサリアムとライトコインの追加を発表した。同社によると、「弊社の会員様に、ありとあらゆる全ての種類の通貨をご利用いただけるよう」、この2つの通貨をサービスに追加したという。

 

この理由として、同社では、オープンソース開発やビットコイン、その他ブロックチェーン基盤技術などといったイノベーションを取り巻く基本的原則を大切にしているという。「従来型の金融機関や規制機関などを含む金融セクターにおいて、これらの技術がディスラプション(破壊)をもたらす潜在的可能性は途方もないものです」

 

同社の上級副社長・最高製品&エンジニアリング責任者であるJorge Pereira氏は、「我々が今回この2つの仮想通貨のサポートを決定した理由は、ディベロッパーやオープンソース・コミュニティ、金融トレーダー、エンスージアストの間でこの通貨の人気が上昇中であることです。ライトコインは今年4月、イーサリアムは同5月にローンチ予定です。一日も早く、イーサリアムとライトコインのサービスをお届けしたいと思っております」

 

同社は、Halsey Minor氏が創業したスタートアップ企業。これまで、利用者に対しビットコインのストレージ・支払サービスを提供してきた。利用者は、ビットコインのボラティリティを法定通貨又は貴金属でヘッジできるようになっている。2015年10月、同社は会社名をBitreserveからUpholdに変更し、ブランディングとウェブサイトを再構築した。マーケティングの重点も、ローコストな法定通貨交換やグローバル送金にシフトし、フィンテック企業を名乗るようになった。現時点までの、同社におけるクラウドマネー・トランザクション金額は累計7億ドル以上だという。





コメントはまだありません.