キャノンMJが「FinTechファンド」と「MIC4号ファンド」に出資

by Forex Magnates at 24 March, 2016 カテゴリ: 国内総合

NYC-skyline

3月24日、キャノン株式会社の子会社キヤノンマーケティングジャパン株式会社(以下、キャノンMJ)が、SBIインベストメント株式会社が運営している「FinTechファンド」(名称:FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合)に出資することが明らかになった。

 

このファンドは、昨年末に発足。会計ソフトのfreeeやbitFlyerなどへの出資の実施や覚書締結を行ってきた。また、先月末には決済サービスやクラウド受発注システムの株式会社ラクーンから1億円の出資を受けている。

 

また、同時にモバイル・インターネットキャピタル株式会社が設立・運営する「MIC4号ファンド」にも出資することを発表している。プレスリリースによると、キャノンMJは「2016年より開始した5カ年計画『長期経営構想フェーズⅢ(2016年~2020年)』において、成長領域へのウエイトシフトと新たなサービスビジネスの創造を掲げ、中長期成長戦略を強化・拡大」しているという。

 

フィンテック分野を中心にスタートアップ企業に投資する「FinTechファンド」と異なり、MIC4号ファンドでは対象を金融分野に限定しておらず、次世代ICT(情報通信技術)やICT関連事業のスタートアップ企業に幅広く投資していく。ICT関連スタートアップ企業との提携を通して、キャノンがこれまで培ってきたITの技術や知見を新しいサービスの開発に繋げる狙い。

 





コメントはまだありません.