マネーツリーが会計ソフトの日本ビズアップとサービス連携

by Forex Magnates at 22 March, 2016 カテゴリ: 国内総合

handshake

3月18日、マネーツリー株式会社が会計ソフトの日本ビズアップ株式会社とサービス連携したことを発表した。日本ビズアップは、一般企業・会計事務所向けの会計ソフト「クラウド発展会計」を開発・提供している先進的な会計サービス会社。マネーツリーはこれまでにもみずほ銀行や弥生、大日本印刷をはじめ多くの企業や金融機関とMT LINKのサービス連携を行っており、今回で10社目となる。

 

今回、日本ビズアップが既存サービスプロバイダからマネーツリーに移行した理由として、「多種多様な約2,400以上の金融機関(銀行口座、クレジットカード、電子マネー)の豊富さとクラウド型電子証明書技術による法人口座対応の技術力、APIベースの柔軟な対応力」を挙げている。

 

プレスリリースによると、MT LINKは、「国内約2,400社以上の銀行口座(個人、法人)、クレジットカード、電子マネー、ポイントカードの金融データを一本のAPIにまとめ、既存のシステムとシームレスに接続」する金融インフラプラットフォーム。このようなサービスはPFM(Personal Financial Management)と呼ばれ、今フィンテックの重要分野として注目されており、他にはマネーフォワードなども同様のサービスを展開している。このマネーフォワードも、先月中旬から今月初めにかけて、山口FG、静岡銀行をはじめ多数の地銀や企業と事業提携を発表していた。





コメントはまだありません.