日立がフィンテック研究所を北米に創設

by Forex Magnates at 16 March, 2016 カテゴリ: 国内総合

Fintech

3月16日、株式会社日立製作所が北米にフィンテックの研究所を設立することを発表した。「金融イノベーションラボ」(Financial Innovation Laboratory)の名称で、カリフォルニア州サンタクララ市にある北米社会イノベーション協創センタ(Global Center for Social Innovation-North America)のシリコンバレー拠点内に設置される予定で、4月から正式に活動を開始するという。

 

今後、同研究所ではブロックチェーン技術の研究開発や、金融機関と協同での“革新的なアソリューション”の開発に取り組む。

 

プレスリリースによると、同社は2015年4月に、北米社会イノベーション協創センタを設立。2016年1月にシリコンバレーに新拠点を開設した。「ビッグデータ分析やITの分野に精通し、ユーザーエクスペリエンスデザインに長けた研究者を集結」させているのが特徴。

 

日立では近年成長著しいフィンテック事業にも力を注いでおり、2015年12月にはスマホ決済の「日立モバイル型キャッシュカードサービス」を日本国内の金融機関向けにローンチ。また、2016年2月には米国NPO「The Linux Foundation」によるブロックチェーン技術国際共同開発プロジェクト「Hyperledgerプロジェクト」にも参加している。

 





コメントはまだありません.