FXCMが2月指標発表 リテールは減少、機関投資家は増加

by Forex Magnates at 11 March, 2016 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者

FXCM_Red_Graph-880x400

Photo: Jeff Patterson

FXCM (NYSE:FXCM) が2月の月次データと2015年第4四半期の四半期データを発表した。

 

リテール部門については、2月のFXCM月間取引高は前月比6.6%減の3,090億ドル(1月: 3,310億ドル)。 一方、前年同月比では正反対の動きを示し、36.0%増と大幅な増加を記録した(2015年2月: 2,272億ドル)。

 

2月のリテール部門の一日平均取引高(ADV) も前月比11.0%減、たったの147億ドルとなった(1月: 165億ドル)。また、前年同月比でも29.0%減となった。最後に、一日あたりのリテール顧客取引件数は平均654,287件。前月比5.1%減となった(1月:  689,635件)。

 

一方、機関投資家部門については、2月のFXCM機関投資家取引高は総額530億ドルを記録。前月比 47.2%増と急激に増加した(1月:  360億ドル)。同じく、前年同月比でも18.0%増と大きく伸びた。 同部門ADVも、前月比38.9%増の25億ドルだった(1月:  18億ドル)。

 

併せて、FXCMは2015年第4四半期データも発表している。FXCMの第4四半期の継続事業によるGAAP収益は6,700万ドル。一方、継続事業によるGAAP純損失は8,570万ドル、1株あたりでは15.75ドルを記録した。また、同四半期におけるグループの調整後EBITDAは1,260万ドルだった。





コメントはまだありません.