マネーフォワードがNTTデータのインターネットバンキングAPIによる金融サービス開発へ

by Forex Magnates at 1 March, 2016 カテゴリ: 金融 テクノロジー

Money_different-currencies_880-400-880x400

2月29日、株式会社マネーフォワードは、株式会社NTTデータ(東京都江東区)のインターネットバンキングAPI「AnserParaSOL API(仮)」を活用した金融機関向けFintechサービスの開発を開始すると発表した。NTTデータのインターネットバンキングAPIを利用した金融サービスの提供を国内初。

 

プレスリリースによると、第1弾として株式会社静岡銀行(静岡県静岡市)の顧客向けの自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード for 静岡銀行(仮)」を4月にリリース予定。マネーフォワードと静岡銀行は、昨年8月より業務提携を締結している。ユーザーの利用している銀行・クレジットカード・電子マネーなどの利用履歴を最初に登録するだけで、以後は使用するたびに自動で取引データを取得・記録してくれる同社の人気サービス「マネーフォワード」を静岡銀行の顧客向けにカスタマイズしている。

 

このようなサービスはPFM(Personal Financial Management)と呼ばれ、今フィンテックの重要分野として注目されており、他にはマネーツリーなども同様のサービスを展開している。マネーフォワードのユーザー数は2012年のサービス開始時から順調に増え続け、現在350万人を突破。

 

同社は先月中旬にも、山口フィナンシャルグループ(山口県下関市)の山口銀行、もみじ銀行、北九州銀行の顧客向け「マネーフォワード for YMFG」(iOS版・Android版・Web版)の開始も発表している。

 





コメントはまだありません.