UBSのFXプライムブローカレッジ部門で人事異動

by Forex Magnates at 29 February, 2016 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者

UBS_880x400

Photo: Bloomberg

UBSのFXプライムブローカレッジ (PB) 部門グローバル共同ヘッドTerence Oh氏が同社を退職することが明らかになった。FX Weekレポートによると、同氏の後任にはRyan Connolly氏とDaniel Bader氏の2名が内部昇格により就任するという。

 

Oh氏は、2012年9月よりUBSのFXプライムブローカレッジ (PB) 部門グローバル共同ヘッドとして責務を果たしてきた。同氏は2000年よりUBS Investment BankとUBS AG の両方に在籍し、現在の役職の他にもアソシエイト・ディレクターやエグゼクティブディレクター、マネージングディレクターなどさまざまな上級管理職を経験してきた。16年間に及ぶ在籍期間中、同氏は主にシンガポールとニューヨークを拠点に任務を遂行してきた。

 

後任のひとり、Connolly氏はFX PBセールス部門を引き継ぐ。Connolly氏は1999年入行。主に、FX PB部門とクリアリング・セールス部門のエグゼクティブディレクターを務めた。

 

もうひとりのBader氏は、1999年にUBS入行。以来、さまざまな役職を経験してきた。専門分野はFXで、これまでUBS WarburgやUBS AGでヴァイスプレジデントなどを経験。直近では、グループのFXプライムサービスのマネージングディレクターや、商品開発部門グローバルヘッドなどを務めた実績がある。





コメントはまだありません.