ブライス・マスターズ氏がワシントンでビットコインを宣伝へ

by Forex Magnates at 26 February, 2016 カテゴリ: 海外総合

240810924

Photo: Bloomberg

ブロックチェーンの福音を大手銀行にもたらした“ウォールストリートの異端児”ブライス・マスターズ(Blythe Masters)氏が、来週ワシントンDCで開催されるイベントで“分散型台帳システム”のメリットをアピールすることになった。

 

首都ワシントンDCにおかれるデジタルアセット業界団体The Chamber of Digital Commerceは先日、2016年3月3日に同団体主催の「DC Blockchain Summit(会場:ジョージタウン大学)」においてデジタル・アセット・ホールディングスのブライス・マスターズCEOがキーノート・スピーチを行うことを発表した。マスターズ氏は現在、同団体の顧問も務めている。

 

同団体を設立したPerianne Boring代表は、「DC Blockchain Summitは、ポジティブな意味で“破壊的”な力をもつこのテクノロジーについての政策上の課題を議論する場として、官民両方が最高かつ明瞭な意見を交わせるイベントとしては初めてのものです」と述べ、 「“最もイノベーティブなスピーカー”のひとりであるマスターズ氏をお招きし、急激に発展しつつあるこの重大なイノベーションについての知見を提供していただける機会を得られて、非常に嬉しく思っております」

 

マスターズ氏のデジタル・アセット・ホールディングスは最近、5,000万ドルの資金調達を実施したことを発表した。出資者としては、ABN AMRO、アクセンチュア、ASX Limited、BNPパリバ、Broadridge Financial Solutions、シティ、CME Ventures、ドイツ証券取引所グループ、ICAP、J.P.モルガン、Santander InnoVentures、The Depository Trust & Clearing Corporation、PNC Financialなどが名を連ねている。





コメントはまだありません.