米国に続きOANDAが豪州でもIBFX顧客口座を獲得

by Forex Magnates at 25 February, 2016 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者

Oanda_Green-880x400

昨日の記事では、TradeStationの米国子会社IBFXの顧客口座をOANDAが引き継ぐと報じたが、豪州でも同様のディールを実施することが明らかになった。IBFX Australiaの全顧客は、3月4日までにOANDAの豪子会社OANDA Australia PTY LTDへの口座移管の承認手続きをしなければならない。

 

上記提案に合意したIBFX顧客については、OANDAへの口座移管は自動的に実行される。口座移管に合意しない米国・豪州両方のIBFX顧客については、IBFX口座内の既存ポジションを全てクローズし、カスタマーサポート部門に通知・引出しリクエストを提出する必要がある。

 

IBFX Incと IBFX Australia PTY Ltd.の両社が顧客に対し行った発表の中では、全顧客は3月1日までにポジションをクローズし必要手続きを完了しなければならないことを強調していた。口座移管は、3月4日(金)のマーケットクローズ時間をもって完了される予定。未決注文・指値注文はキャンセルされる。

 

IBFXは2014年に、米国及び豪州における自社のMT4クライアントアカウントをFXCMに売却している。本ディール完了後は、マネックスは米国・豪州両方のリテールFX市場から正式に撤退することになる。





コメントはまだありません.