マネーツリーがみずほ銀行とアプリで提携

by Forex Magnates at 23 February, 2016 カテゴリ: 国内総合

handshake

2月22日、マネーツリー株式会社が株式会社みずほ銀行とスマホ向けアプリで提携することを発表した。今回両社が実施したサービスの連結は、PFM(Personal Financial Management)と呼ばれ、今フィンテックの重要分野として注目されている。PFMとは、プレスリリースによると、「複数の銀行や証券、クレジットカード、電子マネーなどの口座や残高、ポイントなどを一元的に表示し、確認できるサービス」。マネーツリーの他にも、マネーフォワードなどのアプリが有名。

 

今回の提携による機能向上の概要としては、次のように説明されている:

1 「一生通帳」の提供 入出金明細照会の閲覧期間の拡大(登録以降、一生閲覧可能)

2 当行の口座残高の合算表示 登録した預金口座の合算残高を表示

3 MT 社初回登録機能 MT 社アプリの初回登録機能の提供

4 認証連携 MT 社アプリとの認証連携(残高確認後、決済、定期預金等の簡便な利用)

5 UI・UXの取り入れ App Store Best of 2013、2014の MT 社受賞アプリの UI・UX 導入

 

マネーツリーは、2012年創業。国内の金融機関(銀行、クレジットカード、電子マネー)1,550社(国内金融機関の99%)から明細情報を取得し、個人や法人の会計管理に役立つサービスを提供している。昨年10月には、国内3メガバンクから大型の資金調達も実施、日本IBMとの事業提携も発表した。さらに、同11月末にはマスターカードによるスタートアップ支援プログラム「マスターカード・スタートパス」に日本企業から唯一選出された。さらに、先月には税理士向けの税務・会計・給与システム「A-SaaS(エーサース)」を提供するアカウンティング・サース・ジャパン株式会社との事業提携も発表した。

 





コメントはまだありません.