ソニーグローバルエデュケーションがブロックチェーン技術を教育分野に活用

by Forex Magnates at 23 February, 2016 カテゴリ: 金融 テクノロジー

technology

2月22日、ソニー株式会社の子会社で、教育関連事業を展開するソニーグローバルエデュケーションが、ブロックチェーン技術を教育分野に応用した「学習到達・活動記録をオープンかつ安全に相互利用する技術」を開発したことを正式に発表した。

 

ブロックチェーン技術は仮想通貨ビットコインの基盤となる技術であり、高セキュリティ・低コストが特徴。もともとは決済やトレーディングなどの金融業務を想定していたが、最近では医療や土地登記などといった他分野への応用も期待されている。既に、各国の大手銀行や証券取引所がブロックチェーン活用に向けて実証実験を進めている。先日、日本でも日本証券取引所グループと日本IBMが共同でブロックチェーン技術の実証実験を開始したことが報じられた。

 

プレスリリースによると、今回新しく開発された技術は、「個人の学習到達度や学習活動記録などのデータを、特定の二者間で暗号化された形で安全に利用すること」が可能。これによって、「従来の教育環境において実現できていなかった、ネットワーク上で個人の試験機関での結果を、個人のリクエストに応じて第三者の評価機関に安全に提供することや、一つの試験機関での結果を複数の評価機関が評価する仕組み」が実現するという。

 

ソニーグローバルエデュケーションは、「ネットワークを活用して国内外に新たな教育サービス事業を展開する」ことを目的として、親会社のソニーとソニーコンピュータサイエンス研究所が共同で2015年4月に設立した会社。オンラインの世界算数コンテスト「世界算数(Global Math Challenge)」を開催している。

 





コメントはまだありません.