ヒロセ通商がJASDAQでのIPOに向けて準備中

by Forex Magnates at 16 February, 2016 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者

Hirose-lion-header

英国に進出し現地で免許を取得した数少ない国内ブローカー会社のひとつであるヒロセ通商が、3月中旬にもJASDAQに上場を予定していることが明らかになった。.

 

これにより、同社は日本国内で4番目の上場ブローカー会社となる(他はマネックス、GMOクリック証券、インヴァスト証券)。

 

ヒロセ通商は2010年、英国子会社の設立と、それに伴う同国市場への進出を計画中と発表した。その後同社は、英国子会社によるFX取引とバイナリーオプション取引サービスの両方につき、現地での正式な登録と営業免許取得を完了。以降、同国で事業活動を展開している。

 

日本企業として初めて米金融行為監督機構(FCA)免許を取得しただけでなく、同社バイナリーオプションブランドのライオン・バイナリーオプションにつき英国賭博委員会からの認可も得ている。

 

以前ファイナンス・マグネイトでも伝えたとおり、同社の主な収益源はバイナリーオプション事業である。とはいえ、英国会社登記局に提出された同社英国子会社の年次報告書によると、2014年の時点で費用が収益を大きく上回っており、まだ黒字化していない。

 

ヒロセ通商は今後さらに海外進出を拡大する可能性がある。同社は2014年のファイナンス・マグネイト主催東京サミットで、“ベスト・アフィリエイト・サービス・プロバイダー”賞を受賞している実績もある。

 

IPOは2016年3月18日を予定している。同社スポークスパーソンからは、今回のIPOに関するコメントを得られなかった。





コメントはまだありません.