フィンテック企業Covercyが150万ドルのシードラウンドをクローズ

by Forex Magnates at 15 February, 2016 カテゴリ: 金融 テクノロジー

Money_different-currencies_880-400-880x400

2015年はフィンテック・セクターにおいて記録的な額の資金調達が実施された年だったが、その大半を占めていたのは決済・送金系サービスの企業だった。その流れに乗って、イスラエルのスタートアップ企業Covercyが150万ドルの資金調達ラウンドをクローズしたというニュースが報じられた。このディールをリードしたのはSGVC。

 

SGVCによる今回の投資は、米国・イスラエル企業をターゲットとして同社が今年から発足した新しい5,000万ドル規模のファンドの一部。SGVCは以前からフィンテック・セクターに進出しており、2014年にはSoFiのシリーズCラウンドに参加している。

 

他の決済・送金プロバイダーと同様に、Covercyも、銀行よりも低コストな送金処理デジタルシステムを構築している。

 

Covercyは2014年設立。英金融行為監督機構(FCA)からは認可支払機関、イスラエル財務省からは通貨サービス・プロバイダの免許をそれぞれ付与されている。同社の共同創業者兼CEOはDoron Cohen氏。Covercy設立以前には、Cohen氏はFX・バイナリーオプション・テクノロジー・プロバイダーLeverateの創業者としての実績もある。同社では共同CEOを務めた後、2014年に取締役会会長に就任した。





コメントはまだありません.