テックビューロとドラゴンフライフィンテックがブロックチェーン合弁事業設立の基本合意書締結

by Forex Magnates at 12 February, 2016 カテゴリ: 国内総合

skyscrapers

2月12日、プライベート・ブロックチェーン構築プラットフォーム「mijin(ミジン)」のテックビューロ株式会社(大阪市)とドラゴンフライフィンテック(Dragonfly Fintech Pte Ltd)(シンガポール)がブロックチェーンに関する合弁事業設立の基本合意書を締結したことを発表した。

 

プレスリリースによると、両社は「ドラゴンフライフィンテックが有するブロックチェーンベースの決済プラットフォーム『Automated Clearing and E-Settlement (ACES)』を日本市場に提供する」ことを目的として合弁事業設立に至ったという。ACESはブロックチェーン技術を活用した決済ソリューションで、“コスト・時間・リソースの大幅な削減”や“煩雑なコンプライアンス手続きの負担の軽減”、“銀行における決済及びクリアリングハウス処理の内部完結”、“即時決済によるカウンターパーティーリスクの軽減”、その他多くのメリットがある。

 

ドラゴンフライフィンテックのLon Wong・CEOは、「当事者である全ての銀行の基準に沿って初めてトランザクションが発生します。金融機関はその基本ルールを変える必要がありません」、「ACESは外部のプロセスに依存している多くの手順を捨て、全て銀行内部で完結できるようになります。組織内のコンプライアンスとガバナンス手順における既存のビジネス慣習を損なう事なしに、金融機関は送金トランザクションをより円滑に管理することが出来るようになります」とACESの特徴をアピールした。
今回の合弁事業設立によって、「両社は日本市場においてACESとmijinを併用した包括的なソリューションを提供することが可能」になるという。日本市場におけるACESの提供は今年中を予定している。

テックビューロは昨年秋にmijin(ミジン)を発表。その後、昨年末から年明けにかけて、インフォテリア、さくらインターネット、amaten、ロックオン、OKWAVE、フィスコ等の企業とブロックチェーン事業での提携を立て続けに結んできた。年明けから日経平均が続落する中、テックビューロの事業提携関連銘柄はいずれも急上昇、投資家の間で話題となった。





コメントはまだありません.