中国は旧正月シーズンに ビットコイン投資家はご注意を

by Forex Magnates at 7 February, 2016 カテゴリ: 仮想通貨 | 海外

Hong-kong

ブロックチェーン・コミュニティの一部メンバーは、少数の中国人投資家がビットコイン・ネットワークの大半を牛耳っているという事実に注目しているが、一方で投資家にとっては、ビットコインの取引高のほとんどが中国から発生しているということの方がより重要である。

 

中国が旧正月(春節)の大型連休に入ると、親戚一同集まってお祝いムードになり、その間トレーディングの優先順位は低くなるだろう。したがって、ビットコインの取引高は低下し、流動性も低くなるおそれがあることに注意が必要だ。

 

さらに、もし中国のビットコイン取引所でトレーディングしているのなら、休場日のスケジュールも把握しておかなければならない。OKCoinは顧客に以下のような通知を送っている。「春節は、もっとも伝統的かつ重要な行事です。そのため、OKCoinは、お客様および弊社スタッフには、ぜひともご家族と共に春節を過ごしていただきたいと考えております。したがって、春節期間中 (2016年2月7日 — 2016年2月13日)のカスタマーサービスはお休みとさせていただきます」

 

OKCoin Internationalで特別な変動があった場合は、中国時間 08:00-24:00 (UTC+8) にチャット及び電子メールサポートのみ利用可能。さらに、米ドルの入出金は2月15日までの間は取扱停止となる。

bitcoinity02042015

ビットコイン取引の割合。HuobiとOKCoinが大半を占めている。





コメントはまだありません.