香港証券取引所が1月の指標を発表 デリバティブ先物が増加

by Forex Magnates at 5 February, 2016 カテゴリ: 海外総合

hong-kong-exchange880_400-880x400

Photo: Bloomberg

香港証券取引所 (HKEx) が2016年1月の月次データを発表した。1月は有価証券、デリバティブ事業全体において力強いパフォーマンスを記録した。

 

1月の有価証券事業全体における一日平均取引高(ADV)は、822億ドル。前月比33.4%増と好調だった(2015年12月: 617億ドル)。一方、前年同月比では15.6%減と冴えない結果になった(2015年1月: 974億ドル)。

 

また、同取引所は有価証券の種類別に取引高の内訳も発表している。エクイティ60.8%、デリバティブワラント21.3%、CBBCs 9.8%、そしてユニットトラスト(ETFなど)8.1%だった。

 

デリバティブ事業に関しては、同取引所の発表した1月の先物・オプションADVは941,648枚。前月比 54.2%増となった(2015年12月: 610,815枚)。さらに、前年同月比でも、22.0%増もの大幅な上昇を記録した (2015年1月: 770,683枚)。

 

その他に注目すべきエリアとしては、人民元通貨先物の一日平均取引高(ADV)が挙げられる。1月は前月比57.6%増の3,264枚(2015年12月: 2,071枚)。前年同月比ではさらに大きく増加し、256.0%増となった  (2015年1月: 916枚)。





コメントはまだありません.