ナスダックのCFOが辞任へ

by Forex Magnates at 31 January, 2016 カテゴリ: 海外総合

nasdaq1-880x400

ナスダック (Nasdaq:NDAQ) の重要役員のひとりが退職するようだ。同社最高財務責任者(CFO)兼コーポレート・ストラテジー上級副社長Lee Shavel氏が2016年3月31日付けでナスダックを退職することが同社声明で明らかになった。

 

Shavel氏は2011年にバンクオブ・アメリカ・メリルリンチ(BAML)からナスダック入社。ナスダックでは、会計・財務・コーポレートストラテジー・財務計画&分析・IR・リスク管理・グローバル融資といった様々な部門で数多くの重要な役職を経験してきた。

 

一方、ナスダックCFOとしての約5年間の任期中、Shavel氏は資本配分決定の指揮をとりながら同グループの投下資本フレームワークの強化を支えてきた。また、同社の財務報告体制の再構築、及び透明性向上をサポートするために欠かせない存在でもあった。その結果、ナスダックがShavel氏を上級管理職として迎えてからは、同グループの株主総利回りは S&P 500の2倍にまで増加した。

 

Shavel氏退任後は、現在同社上級副社長兼コーポレートコントローラーを務めるRon Hassen氏が暫定的CFOになる予定。Hassenはナスダックに約15年在籍しており、以前にも同社暫定的CFOを経験したことがある。

 

今回の辞任に関する最近の声明の中で、Bob Greifeld・CEOは次のようにコメントしている。「才能とスキル溢れるLee氏と共に働くことができたことは、我々にとって幸運だった。彼は弊社の資本配分戦略のフレーミングに欠かせない存在だったし、また弊社の企業価値を投資家にわかりやすく説明してくれた。多大なる貢献をしてくれた彼に感謝するとともに、今後の活躍を祈りたい。」





コメントはまだありません.