金融庁が「金融行政モニター」を設置 金融機関からの意見を積極的に聞き取り

by Forex Magnates at 27 January, 2016 カテゴリ: 国内総合

FFAJ

 

金融庁は、銀行などの金融機関からの行政にたいする率直な意見を聞くための窓口として、29日から「金融行政モニター」を設置すると各メディアが報じた。金融機関の声を行政に反映し、質を向上させるのが狙いだ。

 

この制度では、“監督官庁に率直な意見を直接ぶつけにくいのでは”という配慮から、間に中立的な専門家を配置し、金融機関の代表として意見を伝えることになる。間に立つ“モニター委員”には、日本総合研究所の翁百合副理事長や東京大大学院の神田秀樹教授、その他弁護士など6名が選任された。

 

麻生財務・金融担当相は、26日の閣議後に開かれた記者会見で「金融庁に耳の痛い話でも、外部の意見が入ることで金融行政の質が持続的に向上することを期待する」とコメント。

 

金融庁に対する意見・批判は専用メールアドレス(kinyugyoseimonitor@fsa.go.jp)に電子メールで提出する。このメールアドレスは、金融機関のみならず有識者や一般市民からの意見も受け付けている。金融庁に寄せられた意見は、3ヶ月に1回のペースで概略がウェブサイト上に掲載される。

 





コメントはまだありません.