GMOクリックが第3四半期収益発表FX収益は3四半期連続減

by Forex Magnates at 26 January, 2016 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者

FFAJ

 

Photo: Bloomberg

日本の大手ブローカー、GMOクリックが2016年度第3四半期の財務業績を発表した。同社声明によると、主要指標は前年同期比で改善しているものもあれば、悪化しているものもあった。

 

同四半期の総収益は、2,228億円と前年同期比 28.2%増(2015年度第3四半期: 1,743億円)。

 

しかしながら、FX部門が総収益を押し下げていたようだ。同四半期のFX収益は670億円。前四半期比11.8%減(2016年度第2四半期: 760億円)、前年同期比2.9%減だった(2015年度第3四半期: 690億円)。

 

より詳細に説明すると、2016年度第3四半期の収益に影響を及ぼしたのは、正味トレーディング利益の減少。前四半期比では8.9%減の510億円(2016年度第2四半期: 560億円)だったが、前年同期比ではあまり変わらなかった。

 

最後に、同四半期の金融収益及び受入手数料はそれぞれ70億円。双方ともに、前期比・前年同期比で減少した。

 

今月初め、同社は2015年12月のFX取引高を発表。数ヶ月連続の減少からようやく脱出した。取引高は8,560億円に達し、前月比 18%増と大きく上昇した(2015年11月: 7,250億円)。





コメントはまだありません.