GMOクリックがCFD取引にユーロ50と天然ガスを追加

by Forex Magnates at 25 January, 2016 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者

FFAJ

 

Photo: Bloomberg

GMOクリック証券が、CFD取引に新しくユーロ・ストックス50指数と天然ガスを追加した。ユーロ・ストックス50は、幅広い欧州株のパフォーマンスに連動する指数。

 

また、高ボラティリティのエネルギー市場に参加しようとしている投資家のために、天然ガスのCFD取引も開始した。CFD投資家の間では原油取引の人気が高まってきているが、似たような性質、つまり高ボラティリティが魅力的な資産の中には天然ガスも含まれている。

 

数年ぶりの安値からリバウンドして以降、天然ガスはここ数週間、非常に活発に取引されている。天然ガス価格は原油価格の値動きと幾分類似しているのだが、最近では様々な違いが出てきた。主に、シェールガスの過剰供給、価格が天候に左右されることなどが原因で、天然ガスの見通しは基本的に原油よりもかなりボラタイルだ。

 

ユーロ・ストックス50指数に話を戻すと、GMOクリックは主要欧州企業に幅広く投資したいと思っている投資家を対象として、この指数を追加した。2015年は、日本国内で1年を通して最も人気の高かった欧州エクイティ先物指数は、圧倒的にドイツDAX指数だったが、他のトレーディング・オプションも常に歓迎されている。

 

上記2つの新銘柄は、2016年1月25日より取引可能となる。米ドル建て天然ガス取引の取引時間は08:00~06:45。ユーロ・ストックス50は16:00 ~06:00。





コメントはまだありません.