GMOクリックとお金のデザインが事業提携

by Forex Magnates at 25 January, 2016 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者

partnership

 

独自アルゴリズムに基づくオーダーメイドの資産運用サービスを提供する株式会社お金のデザイン(東京都港区)がGMOクリック証券株式会社(東京都渋谷区)と事業提携したことを発表した。プレスリリースによると、「投資家一人ひとりに最適な資産運用サービスを低コストで提供するETF特化型投資一任運用サービスの発展・拡大」が今回の事業提携の目的。

 

お金のデザインは、2013年8月設立。2015年12月に金融商品取引業者 (第一種金融商品取引業)の登録を完了、その直後に15億円の第三者割当増資を実施した。さらに、株式会社マネーフォワード(東京都港区)との事業提携も発表。家計簿アプリ「マネーフォワード」の利用者に対して、お金のデザインの資産運用サービスを活用しながら「お金の課題解決に向けたサービス拡充」を目指している。

 

同社サービスの特徴は以下の3つ:

1.グローバル -世界中のETF( 上場投資信託) にアクセス可能

2.パーソナライズ -テクノロジーであなたに合った資産運用プランを提案

3.ローコスト – 運用報酬は1.0%

 

ロボット資産運用アドバイザーは最近のトレンド。先週も、ウェルスナビ株式会社(東京都千代田区)がロボット資産運用アドバイザー「WealthNavi」の提供を発表。同サービスは現在招待制のみで、今年3月から一般公開される予定。ウェルスナビは2015年4月設立。同社も昨年12月に第一種金融商品取引業の登録を完了したばかり。

 

同サービスが提案するポートフォリオでは、6~7種類の海外ETFを通じて40か国以上・約8,800銘柄に「最適な割合で分散投資できる」。ロボットアドバイザーが提案したポートフォリオをニューヨーク証券取引所で簡単に直接購入できるのも大きな特徴。年間手数料は預かり資産の1%(消費税別)。

 





コメントはまだありません.