東京金融取引所がNYダウ証拠金取引を開始へ

by Forex Magnates at 20 January, 2016 カテゴリ: 国内総合

NYC-skyline

 

Photo: Bloomberg

東京金融取引所 (TFX) とS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社は、ダウ・ジョーンズ工業株価平均を原資産とするNYダウ証拠金取引を東京金融取引所に上場させる契約を締結したと発表した。

 

取引所株価指数証拠金取引の電子取引プラットフォームである、通称「くりっく株365」に円建てで上場する予定。このように外国の株価指数証拠金取引が上場するのは、2010年のドイツDAX上場以来。

 

今回、NYダウ証拠金取引は円建てとなるため、日本円通貨を保有している国内投資家にとっては投資しやすく、利便性が高いと言える。

 

同取引所の伊藤渡常務取締役はこの件について、「金融取の常務取締役 伊藤渡は次のように述べています。「ダウ・ジョーンズ工業株価平均は、日本の個人投資家にとって最も認知度の高い海外株価指数であり、NYダウ証拠金取引を上場することができるようになり、非常に嬉しく思います。現在、『くりっく株365』では、日本を代表する株価指数である日経225、欧州を代表する株価指数であるDAX®、FTSE100が取引可能です」とコメント。

 

「今般のNYダウ証拠金取引追加上場により、投資家は日・米・欧の株価指数を同じ口座で取引できるようになり、一層の市場活性化につながるものと確信しております」 とアピールした。

 

昨年、同取引所ではドイツDAX証拠金取引が大きく成長、前年比87%増となった。日経225やFTSE100の両方が減少を記録した中、年間で増加したのはDAXのみだった。





コメントはまだありません.