ウェルスナビがロボット資産運用アドバイザーをローンチ

by Forex Magnates at 18 January, 2016 カテゴリ: 国内総合

Money_different-currencies_880-400-880x400

 

1月18日、ウェルスナビ株式会社(東京都千代田区)がロボット資産運用アドバイザー「WealthNavi」の提供を招待制でスタートした。同サービスは今年3月から一般公開される予定。ロボット投資アドバイザーは、フィンテック産業の一角を担う分野として最近注目を集めている。ロボットアドバイザーの登場により、従来はごく一部の富裕層や機関投資家のみが行っていた投資手法を一般投資家も簡単に利用できるようになるという。

 

ウェルスナビは2015年4月設立。2015年12月に第一種金融商品取引業、投資運用業、投資助言・代理業の登録を完了している。

今月12日には日本証券業協会に加入。SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、三菱UFJキャピタル、DBJキャピタルなどが出資している。

 

プレスリリースによると、「ユーザーは、投資の目的、年収、年齢、金融資産の額などについての簡単な質問に答えることによって、自分自身にあった最適な資産運用ポートフォリオの提案をオンラインで受けること」ができる。同サービスが提案するポートフォリオでは、6~7種類の海外ETFを通じて40か国以上・約8,800銘柄に「最適な割合で分散投資できる」という。また、資産運用会社からは手数料・広告料を一切受け取らないため、「顧客第一主義」な投資を実践できる。

 

また、ロボットアドバイザーが提案したポートフォリオをニューヨーク証券取引所で簡単に直接購入できるのも大きな特徴。年間手数料は預かり資産の1%(消費税別)。アドバイスの中立性を維持するため、取引ごとの手数料はかからない。

 

同社代表取締役の柴山 和久氏は東京大学法学部、ハーバード大学卒。財務省、マッキンゼーなどを経て2015年4月に同社を創業。ニューヨーク州で弁護士登録もしている。





コメントはまだありません.