マネーフォワード、新サービス「MFクラウド経費」β版の提供スタート

by Forex Magnates at 18 January, 2016 カテゴリ: 国内総合

technology

 

1月14日、自動家計簿・資産管理アプリの株式会社マネーフォワード(東京都港区)が「MFクラウド経費」β版の提供開始を発表した。同サービスでは、全ての経費精算業務を10分の1まで軽減できるという。領収書の手入力・保管・管理、訪問先の経路・交通費検索などの煩雑な業務を大幅に削減できるとして注目を集めている。

 

同サービスは、「完全自動化」、「スマホのみで完結」、「ペーパーレス」が特長。クレジットカードや電子マネーの明細を自動取得するため、手動入力の手間が省ける。昨年秋からサービス開始した「ICカードリーダー by マネーフォワード」は、全国46種類の交通系ICカードと連携できるため、出張や外回りの交通費精算がスムーズになる。また、スマホカメラで撮影した領収書画像は同サービスに電子データとして保管される。昨年9月末に電子帳簿保存法の改正が施行され、領収書や請求書をスキャナーで保存することが可能となった(2016年1月1日分から)。また、2016年9月からはスマホカメラやデジカメで撮影した領収書画像の保存も認められるようになる。

 

新サービスは自動家計簿アプリ「マネーフォワード」や経理ソフト「MFクラウド会計・確定申告」とも連携可能で、個人・企業問わず“お金の管理”がより簡単になる。

 

マネーフォワードは2012年5月設立。アプリ利用者数は300万名を超え、2015年のGoogle Playベストアプリにも選出された。昨年12月には、株式会社お金のデザイン(東京都港区)との資本業務提携を発表している。





コメントはまだありません.