「どのブロックチェーン企業が資金調達を実施したのだろう?」資金調達の最新情報を確認するアプリが誕生

by Forex Magnates at 13 January, 2016 カテゴリ: 海外総合

Money_different-currencies_880-400-880x400

 

仮想通貨技術への投資は増加の一途をたどり、2009年以降の累積投資額は総額約10億ドルにのぼる。投資の増加に伴い、最新情報を追いかけることがより重要になり、そしてより難しくなってきている。それを助けてくれるのが、分散型台帳技術情報ポータルのBlockchainBriefingだ。BlockchainBriefingはこのたび、ブロックチェーン関連情報の検索データベースChainHQをローンチした。
同サービスは、スタートアップ企業の資金調達情報や市場展望、台帳テクノロジーの法整備などについての情報を提供する。同社によると、このデータベース上で業界特有のキーワード、または会社名を入力すれば、数百社ものブロックチェーン企業の最新情報(週次ベースで更新)を検索できるという。
上記のローンチ発表と同時に、同社はChainHQのデータを使用してインフォグラフィックと分析結果も発表した。それによると、最も資金調達額が多かった企業はコンピュータハードウェア会社の21 Incで、2013年の設立以降の総調達額じゃ1億2,100万ドル。次に、Coinbaseの1億500万ドルと続いた。資金調達はここ数年間で大きく増加しており、トップ20社のほとんどが2011年以降に設立されている企業だ。

 

しかしながら、ChainHQによると、シリーズCを終えているのはBitFury、Circle、Coinbaseのみ。ほとんどの企業が依然としてアーリーラウンドにあるという。





コメントはまだありません.