デューカスコピーで15日から米ドル/人民元ペアのレバレッジを制限

by Forex Magnates at 13 January, 2016 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者

Chinese-flag

 

(Photo: Bloomberg)

スイスのブローカー会社、デューカスコピーが、米ドル/人民元(CNH)通貨ペアのレバレッジを1:10までに制限したことを顧客に発表した。このニュースが報じられたのは、スイスフランショックからちょうど1年後のタイミングだった。

一見して明らかではないが、中国人民元のファンダメンタルズは2015年1月のスイスフランといくぶん類似している。人民元の変動相場制移行についての中国中央銀行に対する圧力はますます高まってきている。現在、オフショア人民元レートを意味する米ドル/人民元(CNH)通貨ペアはほぼ管理フロート制となっている。

同社は、今回の発表の中で、米ドル/人民元のボラティリティ上昇と流動性低下の影響で、価格が大きく変動するおそれがあり、その結果顧客口座残高に損失が生じる恐れがあると強調した。

この変更は、デューカスコピー・バンクとデューカスコピー・ヨーロッパの両社で、2016年1月15日11:00 GMTから実施される予定。

複数のアナリストは、中国中央銀行は遅かれ早かれ変動相場制に移行せざるをえないだろうと主張している。

 





コメントはまだありません.