静岡銀行やオリックスがフィンテック事業を加速

by Forex Magnates at 5 January, 2016 カテゴリ: 金融 テクノロジー

Money_different-currencies_880-400-880x400

 

1月4日、静岡銀行がSNS大手のLINE(ライン)前社長、森川亮氏を顧問として迎えたことを複数のメディアが報じた。森川氏はこの顧問契約で、同行のフィンテック事業についての助言を行う予定。

 

静岡銀行は早い段階からフィンテック事業進出に取り組んでおり、昨年夏にもSBIホールディングスと共同で家計簿アプリのマネーフォワードへ巨額の出資を実施していた。

 

また、オリックスも今年からフィンテック専門部署「グループIoT事業部」を新設。同社が有するビッグデータを金融業務に活用するフィンテック事業の展開を検討していると報じられた。今後は、最先端テクノロジーを有するフィンテック・スタートアップ企業の買収や投資を積極的に進めていくという。

 

昨年後半頃から、日本国内の金融・IT大手が相次いでフィンテック専門部署を新設していた。10月には三井住友銀行が「IT イノベーション推進部」を、11月には野村ホールディングスと千葉銀行がそれぞれ「金融イノベーション推進支援室」、「フィンテック事業化推進室」を設立している。





コメントはまだありません.