OKWAVEとテックビューロが事業提携 ブロックチェーン技術を活用

by Forex Magnates at 4 January, 2016 カテゴリ: 金融 テクノロジー

partnership

 

1月4日、日本最大規模のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(東京都渋谷区)とテックビューロ株式会社(大阪市西区)が事業提携を発表した。今回の提携で、OKWAVEの事業にブロックチェーン技術を活用する予定。

 

プレスリリースによれば、「OKWAVEが数多くの企業に提供している日本最大のQ&Aシステムやコールセンターのシステムに、テックビューロが有する国内唯一のプライベート・ブロックチェーン技術「mijin」を応用することによって、より安全なユーザー認証とサポートキューシステムの実証実験と共同開発」を実施するという。

 

昨年秋にテックビューロが発表したプライベート・ブロックチェーン構築プラットフォーム「mijin」は、ゼロダウンタイムの高セキュリティな決済システムを低コストで構築できるのが特徴。“低コストかつ高セキュリティ”が特徴のブロックチェーンは、金融システムのみならず、医療や土地登記などの重要記録の保存・管理への応用も期待されている。

 

また、同プレスリリースによると、OKWAVEは今年知財販売サービスもリリース予定。個人ユーザーが同社のウェブサイト上で著作物や知識を販売できるようになる。同サービス上での知財権利の管理・決済にブロックチェーン技術を基盤とする販売システムを構築するという。

 

テックビューロは、昨年12月、インフォテリア、さくらインターネット、amaten、ロックオンとの提携を立て続けに発表。同社の「mijin」はオープンソースとしては2016年夏に公開予定。プレスリリースによれば、商用ライセンスの価格は年間数十万円程度を予定しているという。





コメントはまだありません.