テックビューロとロックオンがブロックチェーンを応用したECサイト用受注エンジンの実証実験を年明けに開始

by Forex Magnates at 28 December, 2015 カテゴリ: 金融 テクノロジー

partnership

 

ブロックチェーン構築プラットフォーム「mijin」のテックビューロ株式会社(大阪市西区)と国内最大のマーケティング・ソリューションを提供する株式会社ロックオン(大阪市北区)は協同で、大規模EC(eコマース)サイト向けにブロックチェーン・テクノロジーを応用する実証実験を年明けから開始する。ECサイトにブロックチェーンを応用すれば、ブロックチェーン「mijin」の大きなメリットであるゼロダウンタイムと高セキュリティが実現するほか、運用コストを従来の3分の1程度にまで削減できる可能性がある。

 

プレスリリースによれば、「mijin」を「ECサイトの受注エンジンに応用することで、秒間数百件の受注があるような大規模ECサイトでも、安価にゼロダウンタイムで運用が可能なインフラを構築することが可能」になる。大規模なECサイトでは、大量の注文が同時に集中することでシステムが停止し、せっかくの売上チャンスを失ってしまうことに悩まされている事業者が少なくなかった。

 

しかし、ロックオンの提供するECサイト構築プラットフォーム「EC-CUBE」の受注部分に「mijin」を実装することで、「安価なサーバー数台だけで、秒間数百件の受注を処理可能なゼロダウンタイムECシステムの構築が可能」になるという。

 

テックビューロは、今年9月に国内唯一のプライベート・ブロックチェーン構築プラットフォーム「mijin」を発表。12月だけでも、インフォテリア、さくらインターネット、amatenとの提携を発表している。オープンソースとしては2016年夏に公開予定。プレスリリースによれば、商用ライセンスの価格は年間数十万円程度を予定しているという。





コメントはまだありません.