韓国のブロックチェーン・スタートアップStreamiが200万ドル資金調達

by Forex Magnates at 25 December, 2015 カテゴリ: 海外総合

Flag_of_South_Korea

 

送金用ブロックチェーン基盤ソリューションを開発している韓国のスタートアップ企業、Streamiがシード・ファンディングで200万ドルを調達した。

CoinDeskの報道によると、韓国の大手金融機関Shinhan Bankが今回のラウンドの主要な支援者として、5億ウォン (42万7,000ドル)出資したという。

他の出資者は、Shinhan Data Systems、ICB、Bluepoint Partners、その他多数のエンジェル投資家。

決済会社のICBは、今回の投資を通して、自社サービスにブロックチェーンを活用する方法を探っていく予定。「Streamiと提携しながら、弊社では今後ブロックチェーン・ベースの外貨送金ができるより良いサービスを提供していきたい。」Han Yong Lee・CEOはCoinDeskに対しこのように述べた。

ビットコインのブロックチェーン、そしてそれにインスパイアされたその他分散型台帳システムは今、国際支払いやその他資産決済手段(有価証券取引など)として期待されている。

報道によると、Streamiの創業者Junhaeng Lee氏は、自社の競合会社は従来型の送金プロバイダー(違法業者を含む)になると考えているという。

仮想通貨業界における今月の資金調達は、Streamiでたったの3件目。ここ2年間で最も少ない月だった。同業界におけるベンチャー投資は第1四半期から減少傾向にあり、2015年がピークだったと考えられる。

投資の減少は、ビットコイン関連のスタートアップ企業に顕著だ。投資対象は、ブロックチェーン・テクノロジーの開発をしている企業にシフトしている。

 





コメントはまだありません.